Columnコラム

2017.11.11 Sat

オリジナルウェディングって結婚式の中でどうやって表現したらいい?

自分たちらしい「オリジナルウェディング」の作る方法は前回の記事で詳しくお伝えいたしました。

では、なんとなく「自分たちらしい」カタチが見えて来たら、それをどうやって表現するのかをお伝えします。

 

 

オリジナルウェディングってどうやって表現する?

 

一番わかりやすいのが、言葉で思いを伝えること。

ウェルカムスピーチ

ウェルカムスピーチの時に、「こんな思いで準備をして来ました」「私たちの結婚式のテーマは〇〇なんです。だから思いっきり楽しんでください。」と自分の口から伝えたり、席次表やプロフィールブックなどのペーパーアイテムに記載をするのもいいと思います。

 

他には、ウェルカムボードで表現したり、高砂装飾などのコーディネートとして表現することも。また、映像や演出として取り入れたり、お料理や引出物に反映させたり。表現方法はたくさんあります。逆に、ウェディングコンセプトが決まると、色々なアイテム(装飾・テーマカラー・フラワー・ドレス・ヘアメイク・ペーパーアイテム・映像・音楽など)をそのコンセプトに基づいて考えるので、とても決めやすくなり統一感のある結婚式にもなりやすいのです。

 

二人の思い込められて準備したものであれば、きっと「自分たちらしさ」がそこにはあり、ゲストの記憶に残る結婚式になること間違いなしです!


ほとんどの方が一生に一度しかない結婚式。だからこそ、結婚式の準備期間も夫婦の準備期間だと捉えて、二人で話し合いながら二人で決断して進めていってほしいなと私個人としては思っています。そして、二人にしかできない結婚式をぜひ実現させてほしいです。

 

ご紹介したような「自分たちらしさ」を見つけながら、楽しく結婚式準備を進めてくださいね。そして、どうしても自分たちではオリジナリティーが見つけられないという方は、ウェディングコンセプトを一緒に作っていきますのでウェディングアドバイザー井上絢香までご相談ください!

instagram
inoue ayaka