Columnコラム

2020.04.12 Sun

HOTEL EMANONで2人らしい1.5次会ウェディングパーティーを

こんにちは。

今世の中は1ヶ月前には考えられなかった状況になっていますね。きっと、お仕事にも影響がある方、そして、ご結婚式を延期したり不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

このような急激に変化する日本・そして世界の状況を見ながら

日々私にできることはなんなのかを考えています。

 

ウェディングに携わるものとして、

きっと結婚式はこれから減少傾向にあると思っています。。

そして、少人数の結婚式、家族だけの結婚式が増えていく時代なのかなと。フォトウェディングだけをやろうという方もいると思います。

 

時代に合わせて、規模感やスタイルが変化していくのは当たり前のこと。

けれど、結婚式を挙げることの意味、本質は失いたくない。

それをしっかり伝えていくことが今私にはできることかなと考えています。

 

このコロナをきっかけに「結婚式はやめよう」と諦めてしまうことは、本当に本当にもったいない。

どんなスタイルでもいいから夫婦生活をスタートするお二人には、「ウェディング」という一つの記念日を共につくって欲しい。

それが、ただの記念日から”人生の節目”と思えるほどの、大切でかけがえのない一日になる。ウェディングにはそんな何にも変えられないほどのパワーがあると思っています。

 

*****

 

さて、今回は、アドバイザー・プランナーとしても担当させていただいたSeichiroさん & Kasumiさんの、1.5次会のウェディングパーティーをご紹介します。

 

 

実はこちらの新郎新婦さまは、当初結婚式は行わない予定だったんです。そんなお二人が、ウェディングをやることになったきっかけや、実際に行って良かったことをこちらでご紹介していけたらと思います。

 

結婚式を行うか迷っている方、仰々しいウェディングはやりたくないんだけどなぁ・・と思っている新郎新婦さまに「結婚式ってこんな形でも良いんだ…!そんな選択肢もあるんだ…!」と思ってもらえたら、少しでもお力になれたら嬉しいです。ぜひ参考にしてみてくださいね♩

 

Seichiroさん & Kasumiさん

2019年8月25日挙式 HOTEL EMANON

1.5次会のウェディングパーティー

 

1.   2人らしいスタイルで行うウェディング

 

お二人との出会いは、ヘアメイクの野口忍さんから前の同僚(美容師のお二人)がフォトウェディングをやりたいという希望みたいで・・と紹介いただいたところからでした。

 

その時は、形式ばった挙式などは特に必要ないかなと考えていたお2人。でもせっかく入籍もしたし、フォトウェディングだけはやっておきたいね、と和装で撮影をすることを決断してくださいました。

 

あまり恥ずかしくない場所で、自然な雰囲気の写真が撮れたら・・というのが希望だったので、清澄庭園でおしゃれな和装を着て撮影を行いました。その時は、寒い時期だったこともあって、ほぼ貸切状態!

 

清澄庭園でのフォトウェディング

 

いつも美容師さんとしてお客様の美を作る側のお二人ですが、自分たちが主役としての初めての体験を行い、とても楽しんでいただけました!その楽しさを味わえたことがきっかけでもあったのか、しばらくして「結婚式をやりたいと思っていて、相談に乗って欲しい」とご連絡を頂いたのです。

 

清澄庭園でのフォトウェディング

 

とても嬉しくて、すぐに改めてお会いしました。聞いていくと、お二人のご兄弟も挙式をしていないということもあり、ご両親を喜ばせるためにやってみたいというお気持ちでした。

でも、結婚式イコール挙式&披露宴というカッチリしたスタイルか、2次会のようなカジュアルな飲み会しか今まで行ったことがないが、どちらもイメージではない・・というお二人のご意見でした。

 

せっかく行うならお二人らしく「肩肘張らず、家族も友人もみんなで楽しめるカジュアルなパーティー」を叶えよう!

2次会よりもちゃんとおもてなしをしながら、だけど披露宴よりも自由度高く二人らしさを叶えることができるウェディングパーティーとして、1.5次会を行うことになりました。

 

結婚式を行う目的や意味は人それぞれで、挙式のスタイルも新郎新婦さまによって様々な形があって良いもの。

 

式場選びから始めると挙式・披露宴を行うことが当たり前になってしまって、こちらのお二人のようなそもそも挙式は必要ない、普通の結婚式でやる演出はあまりやりたくない、と考えている新郎新婦さまにとっては選択肢が狭くなってしまうと思います。

 

あえてウェディングを行う「目的」や「大切にしたいこと」から考えてみると、それを叶えるならどのようなスタイルが良いのか・どのような会場が良いのかなど、決めるべきことが絞られてくるのでおすすめです。

 

カジュアルでアットホームな1.5次会ウェディングパーティー

 

 

2. 2人らしさを叶える会場選び 

 

二人らしいパーティーを叶えるにはどのような会場が良いのか?ウェディングを行う目的が明確になったら、次は会場を一緒に選んでいきます。

 

今回の新郎新婦さまは同じサロンで出会った美容師のお二人。

 

・ゲストもおしゃれな方が多いということで、自由度高くカスタマイズができる

・お仕事終わりにも気軽に来てもらえるように、ナイトパーティーができる

・カジュアルだけどおもてなしもできるように→着席のビュッフェができる

という条件が叶う会場で「HOTEL EMANON」をセレクトしました。

 

HOTEL EMANONは、ホテルをコンセプトとした一軒家レストラン。良い意味で無機質な内装がとびきりおしゃれで、二人らしい装飾を施すのにぴったりな会場です。普段使いできるデイリーレストランなので、カジュアルでアットホームなパーティーを行うのにも適していて◎。

 

またレストランで行うウェディングは、食事が美味しいという点でもゲストに喜んでもらうことができるので、おもてなしとしてもおすすめです。

 

HOTEL EMANON : http://weddingcircus.jp/hotelemanon_wedding/

 

モダンな雰囲気がおしゃれなHOTEL EMANONのエントランス

 

パーティースペースは無機質でスタイリッシュな空間

 

 

3.  オリジナルの進行や演出を考える

 

会場が決まったら、ウェディングの内容を考えていきます。今回の場合は、お二人の希望から挙式は行わず、パーティーのみのスタイルに。

 

最近1.5次会が人気になってきていますが、自由度が高いからこそどのようなスタイルにしたら良いのか分からないというお悩みを多く聞きます。会費制のパーティーをするにしても、会費をいくらに設定するのがいいか悩むところでもあります。

今回のお2人も、もともと結婚式を実施する予定がなかったので、ウェディングに対するイメージがあまりなく、どのような演出をするのがよいか悩まれていました。

 

そこで、お打ち合わせの中で、新郎新婦さまのお人柄をヒアリングしながら深堀りし、お二人らしさが表現できそうな演出・進行をご提案。費用感もお伝えしながら1つ1つ一緒に決めていきました。

 

ウェディングコンセプトはシンプルに

「Summer night party 2019」

 

 

夏の夜のおしゃれなビアパーティーをイメージして、お酒を飲みながらくつろげるような、会話や笑いが飛び交うパーティーがテーマ。

 

会費制だけど2次会ほどはカジュアルになりすぎないよう、食事は着席スタイルのビュッフェに。またお酒が好きなゲストが多いということで、ケーキカットの代わりとして、サングリア作りの演出をチョイス。1つ1つ演出を決めていくにつれて、少しずつお2人のなかでもウェディングパーティーのイメージが固まってきたようです。

 

お二人がゲストとどのような時間を過ごしたいのかによって、着席なのか立食なのか、コース料理なのかビュッフェなのか、ギフトはどのようなものがいいのかなど、パーティーのスタイルは自由自在。

 

演出も、お二人らしさを出すのはもちろん、今回のウェディングのようにゲストの好きなものを取り入れてみるのもおすすめです。

 

ケーキカットの代わりに行った「サングリアづくり」の演出

 

 

4. 結婚式のスタイルに絶対的な決まりはない!2人らしいスタイルとは?

 

SeiichiroさんとKasumiさんのように、厳かな結婚式は自分たちらしくない気がして抵抗があるという新郎新婦さんも最近は多いですよね。

 

そんな方は家族だけの小さな結婚式でも、挙式を行わないパーティーでも、フォトウェディングだけ行ってみるのだって良いんです。必ず、2人らしいベストの形が見つかるはず。

 

今回のお二人は、最初はフォトウェディングだけを行う予定でしたが、ご両親に喜んでいただくために1.5次会というスタイルを一緒につくり、大好きな友人や職場のお世話になっている方をご招待しました。

 

普段シャイなSeiichiroさんも、当日は大好きな人たちに囲まれながらとても楽しんでいて、私もその姿を見るのが一番の達成感です。また、そんな新郎新婦を見守る親御様の幸せそうなお顔も印象的でした!

 

1.5次会だからこそ演出できる、笑顔の絶えない時間に

 

 

5. 新郎新婦さまから結婚式後に届いたコメント

 

もともとは予定していなかった結婚式でしたが、1.5次会という形でウェディングパーティーを行ったこと、本当に良かったと思っています。大切な人たちに囲まれ、こんなにも楽しい時間になるとは思っていませんでした。

 

映像も、当初はあまり必要のないものだと考えていましたが、最高な思い出を何度でも見返すことができる形で残せて良かったです。そう思えるほど、素敵な時間を過ごすことができました。

 

高砂もみんなが集まってもらえるようにおしゃれに

 

 

6. 最後に

 

「結婚式ってどうせどれも同じようなものでしょ?オリジナリティを出したいけれど、何から始めたら良いのか分からない…」これまで、そんな新郎新婦さんたちの声を沢山聞いてきました。

 

でも、せっかく人生で一番の特別な時間になるかもしれない節目の一日。「二人らしいウェディングを安心して叶えてもらえるように。新郎新婦さんにとって一番の相談相手となることができるように。」そんな想いをもってウェディングアドバイザーとしてお二人のお手伝いをしています。

 

結婚式は、昔から良しとされる”慣習”はあっても、こうしないといけないという”ルール”はありません。

 

だからこそ、どうやって2人のスタイルを見つけ出していくか。そこに寄り添える存在でありたいと思っています。

 

今回は、お二人の素敵な1.5次会パーティーとともに、形にとらわれないウェディングスタイルのアイディアをご紹介しました。

 

こちらのブログでは、今後もお手伝いさせていただいたウェディングをご紹介していきたいと思っています。次回もぜひ楽しみにしていてくださいね!

 

Seichiroさん Kasumiさん、改めてご結婚おめでとうございます^^

末永くお幸せに♩

 

 

Photo: Daichi Watanabe

Hairmake: Shinobu Noguchi

Movie: tarofilm

instagram
inoue ayaka